はじめての鍼灸

JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

 

鍼灸って、どうなんだろ?

 

いろいろと試してはみたけれど・・・、だから鍼灸、思い切ってはじめてみようかな。

 

しっかし、はじめて行くところで知らない人間に、いきなりあちこち鍼をブスブス刺されたり、ってのを考えるとなかなか。

 

お灸も、患部に直接もぐさをのっけて、わざとやけどさせて、化膿させてみたいな、昔はそんなやり方だった、って聞いたことあるし・・・。

 

もう一歩、勇気が出ない。

 

鍼灸は、心と身体にとっていいことが本当にたくさんあります。

 

ですが、メリットばかりではありません。

 

デメリットのようなことも、相性が悪いとでも言いますか、どうしても鍼やお灸が合わない方もおられるのも事実としてあります。

 

せっかくチャレンジしてみようと、鍼灸を暮らしの中に取り入れてみようとしてくださっているのに、さらに抵抗感を植え付けてしまうかもしれませんが、できればさまざまな面を知っていただきたいので、今回は余計なことを少しだけご案内させていただこうと思います。

 

毎度のことですが、そないに大した内容ではありませんので、暇つぶしがてらご参考までに、どうぞ。

 

整体やマッサージを受けた後に、もみ返し、が起こる時がありますが、鍼灸でも同じような状態になる場合があります。

 

たとえば、何となく身体全体的にだるくなったり、筋肉痛っぽくなったり、めちゃくちゃ眠くなったり。

 

単純に痛かったり、刺入した部分が、鍼はもう抜いているのだけど、まだ刺さっているような感じがしたり、わずかにズーンと響くような感覚が残ったり、内出血が生じたり。

 

想像してたより熱かったり、発赤したり、お灸をすえたところを、お風呂でゴシゴシこすって洗ったら薄皮がめくれたり。

 

齊木鍼灸整骨院がはじめてだったり、特に今まで1度も鍼灸を受けた経験のない方へは、最初から鍼やお灸をたくさん使ったり、強い刺激を加えるような施術は行いませんが、これらのようなことが起こる可能性があります。

 

いつもに比べて体調が不安定で、症状が重いような時は、急に血流が促されることによって、その反動が大きくあらわれたり。

 

刺激に対して過敏だったり、極端に緊張しやすい方だと、血圧の変動や精神的な影響で、一時的にめまいや吐き気、冷や汗が出て貧血のようになるケースもまれにあります。

 

僕が今まで聞いた中ですと、過去に別のところで鍼灸を受けた後1、2時間起き上がれなかったことがあるのよ、とか、翌日あまりにつらくて寝込んだわ、とお話ししてくださった患者様もおられました。

 

好転反応ですよ、治ろうと身体ががんばっている証拠ですよ、と説明される先生もいらっしゃるようですが・・・。

 

できることなら、わずかでも出ないようにしたいと、しんどくなるのは避けたいと、個人的には考えて施術に取り組んではいるのですが、もみ返しやだるさといった多少の違和感は、たとえ軽くでも直接刺激を与えるわけですから、ある程度は仕方ないとも思っています。

 

≫鍼灸や整体を受ける際に気をつけること

 

と、このようなことばかり言っていると、誰が鍼灸みたいなもん受けんねん、迷ってたけど絶対やめとこ、デメリットすぎるやろ、と明らかに逆効果になりそうですが、もちろん、けっしておすすめしていないわけではないんです。

 

たしかに、あえて言わなくていいことも、知らなくていいこともあるかもしれません。

 

でも、メリットだけじゃなくて、100%ゼロリスクはないということも包み隠さずにお伝えすべきだと。

 

そのうえで、ちょっぴりうさんくさい東洋医学の世界へ、飛び込むかどうかご判断いただければと。

 

これが、大げさな言い方かもしれませんが齊木鍼灸整骨院の方針でして、頼ってくださった方へは僕が本当に考えていることを何でも正直に、やんわりとストレートにお話しさせていただいております。

 

こんなところでも差し支えなければ、こんなところがよろしければ、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

はじめての鍼灸、箕面の隠れ家でゆったりと

 

心地よい施術と空間をご提供できるように、つねに心がけております。

 

どのようなお悩みでも、気兼ねなくご相談くださいませ。

 

あなたの専属パートナーのような存在として、生活の質の向上につながるようなサポートができれば幸いでございます。

 

 

友だち追加
コメント