PMSやPMDDのつらい症状を何とかしたい

JUGEMテーマ:生理痛、PMS(月経前症候群)を軽くする方法

 

生理前になると、胸や下腹部が張って痛くなったり、腰が重だるくなったり、頭痛や吐き気がしたり、肌荒れがひどくなったり、イライラして怒りっぽくなったり、憂うつな気分になったり、これらのような症状があらわれて、悩まされている方はけっして少なくはないと思います。

 

さらに精神状態が悪化すると、何に対してもネガティブに物事を考えてしまったり、自己嫌悪になったり、攻撃的になったり、うつになったり、外出すること、人に会うことさえ嫌になって引きこもってしまうことも。

 

今までは生理前はこんなもんかと諦めて何とか過ごせていた方も、仕事をはじめたり、生活環境が変わったりで、年々症状が重くなってきたり、出産を経験してから悩まされるようになって、医療機関に通院している方、これから通院してみようかとお考えの方もおられるのではないでしょうか?

 

PMSやPMDDの原因は、生理前に起こる女性ホルモン分泌の急激な変化やバランス異常、肉体的、精神的なストレスが影響を及ぼしているのではないかと言われていますが、今のところはっきりとしたことはわかっていません。

 

医療機関でアドバイスを受けて、薬を処方してもらって続けて飲んでいると生理時の出血量は減ったけれど、つらい症状はあまり変わりがなかったり、薬を持っていることによる安心感はあるけれど、吐き気やめまいといった副作用でしんどくなることがあったり、がんばって軽い運動をしてみるけれど、かえってつらくなることの方が多かったり、なかなか自分に合ったよい方法が見つけられないでいる方もおられることと思います。

 

そんな中、いろいろと試してみたけれど変化がなく、かかりつけのお医者さんからのおすすめだったり、インターネットで調べてみたり、家族や知人の紹介だったり、PMSやPMDDに限ったことではありませんが、最終的に行き着く先が鍼灸や整体であるということは少なくありません。

 

他のお悩みに対しても言えることですが、実際に鍼灸や整体を受けてみてから楽になった、改善した、完璧に治ったわけではないが、定期的に受けていると調子よく過ごすことができる、といった方もけっこうおられます。

 

鍼灸や整体では、緊張している筋肉をほぐしたり、症状や体質に合わせて最適なツボを選んで鍼やお灸でやんわりと刺激を与えたり、身体の歪みを整えたり、滞りをなくして血の巡りを良好にして、筋肉や内臓の働きをスムーズにすることによって、肉体的にも精神的にもできるだけストレスのない状態の身体を目指して、改善につながるよう施術を行います。

 

痛い、熱い刺激を我慢して受けなければならないとか、バキバキ、ボキボキしたり、無理な施術をすることはありませんので、リラックスして心地よく受けていただけるのではないかと思います。

 

≫鍼灸・整体についてはこちら

 

もちろん、クリニックや他院に通院中であってもまったく問題ありません。

 

身体によいと思われることをやめる必要はありません。

 

万が一、どう考えてもよくないことをされているのでは、と感じた時はきちんとお伝えはさせていただきますので。

 

齊木鍼灸整骨院では、症状やご希望に合わせてお1人お1人に最善の方法で施術させていただきますので、ご安心くださいね。

 

PMSやPMDDでお悩みの方は、大阪北摂の箕面市にある齊木鍼灸整骨院まで、当院でよろしければお気軽にご相談ください。

 

≫箕面の齊木鍼灸整骨院についてはこちら

 

鍼灸や整体、身体に優しい東洋医学、生活の一部に取り入れてみられるのもよいかもしれませんよ。

 

PMSやPMDDはまだまだ認知度が低く、まわりに相談できる人がいなくて1人で悩んでおられる方も少なくありません。

 

もしかしたらPMS?

 

これってPMDDなのかな?

 

と思われた方は1人だけで悩まずに、お医者さんや鍼灸院の先生、まわりにお話しできそうな人がいれば少しだけ勇気を出して、まずは相談してみましょう。

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE@からもどうぞ。

 

 

友だち追加
コメント