膝の痛み、ひどくなるその前に

JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

 

病院に行くと、原因として考えられるのは加齢ですね、と言われる膝の痛み。

 

加齢による経年変化以外にも、スポーツや仕事で長期間過度に使いすぎていたり、体重増加、筋力低下、ケア不足も大きく影響することがあります。

 

クッションの役割を果たしている関節軟骨や半月板がすり減って薄くなったり、ボロボロになったり、なくなってしまったり。

 

衝撃を吸収できずに直接負担がかかることによって、炎症を起こして膝に痛みがあらわれたり、熱を持ってパンパンに腫れ上がることもあります。

 

ひどくなると関節が変形して膝を完全に曲げたり伸ばしたりできなくなったり、歩くこともままならなかったり。

 

どうしようもなくなって、最終的には人工関節の手術をするしか選択肢がない、という状況にもなりかねません。

 

そうなってしまう前に。

 

まずはセルフケアで、簡単にできることからはじめてみましょう。

 

筋肉を柔らかくするために、ストレッチを行う。

 

関節へのダメージを極力減らすように、軽い運動や筋トレをはじめてみる。

 

血流が滞らないように、極端に冷やさないようにする。

 

これらのことをちょこっと取り入れたり、ふと思い出した時に注意するだけでも予防につながります。

 

ですが、ズキズキと強く痛みがあったり、熱っぽく感じるような場合は無理に行わないようにしてください。

 

症状によっては、反対にアイシングをして安静が必要になることもあります。

 

どうするべきかご自身では判断できない際には、かかりつけのお医者さんや整骨院、鍼灸院の先生に聞いてアドバイスをもらうとよいかと思います。

 

時にはプロの手を借りて、整形外科で診察やレントゲン検査を通して現状を確認してもらったり、鍼灸や整体による施術を受けてみたり。

 

定期的にメンテナンスすることでコンディション維持や、さらなる改善につながる効果が期待できます。

 

人間も機械と同じです。

 

きちんとお手入れしていると機嫌よく動いてくれますし、長年良好な状態をキープすることが可能です。

 

日々こまめにチェックしていると、わずかな違和感にも早期の段階で気づくことができますし、トラブルも最小限に抑えられます。

 

そして見た目も、たとえ年式は古くとも、時間の経過を感じさせない何とも言えない美しさを兼ね備えていますよね。

 

何にもせずにほったらかしにしていると、動かなくなってしまった時にはもう手遅れで、修理もできずに部品を丸ごと交換するしかか対処のしようがない、なんてことにも。

 

きっといつまでも健康で元気でかっこよくて若々しい人は、言わずともそれなりにいろいろと、こつこつと努力なさっているんだろうな、と思ったりもします。

 

もちろん、膝だけに限らずです。

 

頭も、顔も、肩も、腕も、腰も、股関節も、ふくらはぎも。

 

もし、最近膝に違和感を感じていたり、何となく身体の調子が思わしくない、というような不調をお抱えでしたら、箕面の齊木鍼灸整骨院まで、当院でよろしければお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

≫箕面の齊木鍼灸整骨院についてはこちら

 

鍼灸や整体で、心と身体に優しい東洋医学で、健康と美容の両面からしっかりサポートさせていただきます。

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE公式アカウントからもどうぞ。

 

こちらからしつこく連絡するようなことはいっさいありませんので、安心して遠慮なくご利用くださいね。

 

 

友だち追加
コメント