冷えのぼせによるお肌のトラブル

JUGEMテーマ:美容

 

顔全体の赤み、ブツブツ、吹き出物。

 

あまりにもいつもと違うから、明らかに症状がひどいから、花粉とかハウスダストとか食べ物とか、何かのアレルギー反応が出てるのかな?と、医療機関で検査をしてもらっても異常なし。

 

むしろすべて陰性。

 

たばこは吸わないし、お酒もそんな飲みすぎってこともなさそうだし。

 

日焼け対策もしてるし、敏感肌用の刺激が少ない化粧水や洗顔料を使うようにしてるし。

 

夜ふかしもしてないし、どちらかと言うと規則正しい生活を送ってる方かと。

 

ちょっと落ち着いてきたと思っても、またしばらくしたらぶり返す肌荒れ。

 

こんな状態がかれこれ半年以上続いてるんですけど。

 

はて?

 

いったい何が合わなくてこんなことになっているのか・・・。

 

こんな時はお肌のターンオーバーの乱れや冷えのぼせが原因となっていることがあります。

 

通常、お肌の生まれ変わりのサイクルは20代で約4週間、30代で約5週間、40代で約6週間と言われています。

 

この基本的な周期が乱れてくると、お肌のバリア機能が低下してわずかな刺激に対してもダメージを受けやすくなります。

 

本来ならば頭寒足熱、頭は涼しくすっきりと、足はポカポカ暖かくがよい状態とされているのですが、その反対である冷えのぼせが影響していることも。

 

ターンオーバーの乱れなら、お肌の新陳代謝の活性化を図ることを目的として美容鍼とお顔の整体を行うのですが、冷えのぼせによると考えられる場合は、顔だけでなく身体からもアプローチすることをおすすめしています。

 

美容皮膚科や漢方皮膚科に行くと、東洋医学に関心をお持ちのお医者さんが診察を行っているところでは、加味逍遙散(かみしょうようさん)という漢方薬を処方してくれることもあります。

 

上半身の、頭や顔のほてりを抑えるように。

 

下半身の、足の血流を促進させるように。

 

体質改善につながるように。

 

鍼とお灸を用いて体内の環境を整えることで、顔全体にあらわれている赤みやブツブツ、吹き出物の鎮静化を目指します。

 

ご希望や体質によって、鍼灸が苦手な方、合わない患者様へは整骨・整体による施術で対応させていただいています。

 

最近何だか肌が荒れやすくなってきた、治りが遅くなった、ホットフラッシュのような症状でお悩みの方は、当院でよろしければお気軽にお問い合わせください。

 

≫箕面の齊木鍼灸整骨院についてはこちら

 

心と身体に優しい東洋医学、取り入れられてみるとよいかもしれませんよ?

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE公式アカウントからもどうぞ。

 

たくさんお知らせが届いたり、こちらから来院を促すような連絡をすることはいっさいありませんので、安心してご利用くださいね。

 

微力ながらお力になることができればいいな、と思っています。

 

 

友だち追加
コメント