歯ぎしりや噛みしめによる肩こり・頭痛・顎関節症

JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

 

朝起きた瞬間から頚や肩がバリバリにこっていて、ひどい時は頭痛まで。

 

顎のまわりがだるく、虫歯はないのに歯や歯茎が痛む。

 

口を開けたり食事をしていると顎がカクカクする。

 

毎晩何となく寝苦しく、ゆっくりと熟睡できている感じがしない。

 

これらのようなつらい症状に悩まされた経験、ありませんか?

 

もしかしたら眠っている間にギリギリと音を立てて歯ぎしりしていたり、睡眠中でなくとも日常生活の中で知らず知らずのうちに力んで強く噛みしめていることが多いかもしれません。

 

日頃からストレスをため込んでいて発散できてなかったり、こりやすい作業が多くてつねに身体が緊張していたり。

 

歯ぎしりや噛みしめが長期間続くと歯の表面がすり減ったり、亀裂が入って割れたり、歯周組織が炎症を起こしたり、知覚過敏になったり。

 

顎の関節やまわりの筋肉にも過度の負荷がかかることによって顎関節症になったり、頚や肩がこったり、さらには頭痛やめまいがしたり。

 

あまりに症状が重くだんだん悪化しているような時は、歯や顎の状態を歯医者さんで1度しっかりとみてもらうことをおすすめします。

 

まずは検査を受けて正確な状態を知ることが大切です。

 

今はいろいろな商品が売られていて、どこでも簡単に手に入れることができるのですが、専門家による診断のもと、よりご自身の噛み合わせに適したマウスピースを作成してもらう方がよいかと思います。

 

それでも頚や肩のこり、顎の状態に改善の様子がほとんどみられない、すぐにマウスピースがすり切れたり、穴があいてしまって何度も新調しなければならない、といったような時は、鍼灸や整体を取り入れてみるのもよいかもしれませんよ。

 

身体が極端に緊張したままですと、歯医者さんでせっかく治療してもらっていても思うように効果があらわれなかったり、こりのせいで歯ぎしりをしたり噛みしめたり、それでまたさらにこったり、またさらに歯ぎしりや噛みしめがひどくなったり・・・と、悪循環を引き起こしてしまうこともあります。

 

歯ぎしりや噛みしめ改善に向けて、こり固まった身体を和らげることも方法の1つです。

 

齊木鍼灸整骨院では心地よい刺激でほぐすように、ストレッチで縮こまった筋肉を緩めるように整体でアプローチしたり、頚や肩、背中まわりに鍼やお灸をしたり、直接お顔に、特に顎のまわりに鍼を刺したりと、お身体の状態やご希望に合わせて最善の方法を選択して施術させていただいています。

 

なかなか歯ぎしりや噛みしめがよくならずお悩みの方、歯ぎしりや噛みしめによる頚や肩のこり、頭痛、めまい、吐き気、耳鳴りをどうにか楽にしたいとお考えの方は、心と身体をリフレッシュに、大阪北摂の箕面にある齊木鍼灸整骨院までお気軽にご来院くださいませ。

 

≫齊木鍼灸整骨院のホームページはこちら

 

症状や施術に関してご不明な点がございましたら、どのようなことでも遠慮なくお問い合わせくださいね。

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE@からもどうぞ。

 

 

友だち追加

コメント