頚椎椎間板ヘルニア、手術後の鍼灸と整体

JUGEMテーマ:ヘルニア

 

酷使や老化によって、頚椎の椎間板の中心にある髄核と呼ばれる部分が飛び出た状態、これが頚椎椎間板ヘルニアです。

 

頚や肩のこり、背中の痛み、上肢のしびれやだるさ、握力の低下、筋肉の萎縮、頭痛、めまい、ふらつき、歩行障害、排泄トラブル。

 

神経根や脊髄が圧迫されることで、いろいろ症状があらわれます。

 

頚椎カラー着用で安静にしたり、頚部を牽引したり、電気を流したり、温めたり、ストレッチ、筋力トレーニング、湿布、塗り薬、ブロック注射といったように、初期の段階では保存的に経過を観察することが一般的です。

 

鍼灸や整体も、その中の1つとして行われることがあります。

 

それでも症状が軽快しなかったり、どんどん悪化して日常生活に著しく支障をきたすような場合に、観血的な方法が選択されることが多いようです。

 

極力メスは入れたくないとおっしゃられる方が大半なのですが、中には少しでも楽になるならとひどくなる前に即手術を選ぶ方もおられます。

 

早期で年齢が若い方が予後がいいとの報告を受けることもあれば、たしかに、してもあまり変化がなかったとか、むしろ悪くなったとか、後遺症のリスクを考えると決断できないとのご意見を耳にすることもあります。

 

判断基準は人によってさまざまですが、外科的な治療の回避を目的とした頚椎椎間板ヘルニアの病状の改善や予防の対策はもちろんのこと、齊木鍼灸整骨院では鍼灸や整体による手術後のサポートも行っております。

 

術式によっては、人工スペーサーを移植して金属プレートで固定することもあります。

 

最近は手術時間や入院期間が短くなってきてはいますが、すぐに完全社会復帰というわけにはいきません。

 

少なからず意識するでしょうし、ある程度は頚部の可動域が制限されるので、患部周辺の筋肉がこり固まってしまうことがほとんどです。

 

期待していたよりも、痛みやしびれが残ることもあるかもしれません。

 

手術をしたから万事OK、ではありません。

 

何もせずにほったらかしにしちゃうと、せっかく時間とお金をかけたのに非常にもったいないことになってしまいます。

 

さらなる回復を目指して、良好なコンディションをキープするために、その後のケアも、とっても重要な作業なのです。

 

齊木鍼灸整骨院ではどんなことをしているのか簡単に申し上げますと、基本的には鍼やお灸を用いたり、整体でほぐすようにアプローチします。

 

筋肉がガチガチに緊張していると関節に余計な負担がかかってしまうので、まずは柔軟性を取り戻すことを目標とします。

 

手技で軽く牽引したり、ストレッチを行うことはありますが、ボキッ、バキッみたいな施術はいたしませんので、ご安心くださいね。

 

頚椎椎間板ヘルニアの進行を防ぎたい、再発しないように何かメンテナンスをはじめたい、とにかく今よりもっと楽になりたい。

 

このようにポジティブにお考えの方がいらっしゃいましたら、齊木鍼灸整骨院みたいなところでもよろしければ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

大切なお身体を預けていただく限りは、徹底的にフォローさせていただいておりますので、何なりとお申し付けくださればと思います。

 

≫箕面市で、のほほんと営業しています

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

24時間365日、便利なLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもどうぞ。

 

 

友だち追加
1