機能性ディスペプシアに対する鍼灸について

JUGEMテーマ:胃の健康

 

慢性的な胃の痛みや胃のもたれ。

 

食事をしていてもすぐにお腹がいっぱいに感じて十分に食べることができなかったり、食事に関係なく心窩部、みぞおちのあたりが痛んだり、灼熱感があったり。

 

これらのような不調が続いているのにも関わらず、医療機関で内視鏡検査を受けてお医者さんに診察してもらってもこれといって異常がなく、ピロリ菌の検査や血液検査、お腹のCT検査をしても胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍のような病気も見つからないような場合に機能性ディスペプシアと診断を受けるようになりました。

 

FDや機能性胃腸症とも呼ばれています。

 

機能性ディスペプシアという病気の概念が確立されるまでは、ほとんどの方が慢性胃炎や神経性胃炎と診断されることが多かったようです。

 

ですが、胃に炎症が起こっていなくても症状があったり、反対に胃に炎症が起こっていても症状がなかったり、必ずしも胃の炎症が関係しているとは限らないということが明らかになってきました。

 

胃や十二指腸の機能が低下したり、胃の形態が変形していたり、精神的なストレスや不眠、過度の飲酒や喫煙といった生活習慣の乱れが機能性ディスペプシアを引き起こす原因として考えられています。

 

遺伝的な要因があったり、過去に感染性の胃腸炎にかかったことがある人は機能性ディスペプシアになりやすいとも言われています。

 

機能性ディスペプシアの代表的な改善方法は薬剤を用いた治療になります。

 

胃の運動機能を改善する薬や胃酸の分泌を抑制する薬を主に、状況によっては抗不安薬や抗うつ薬、漢方薬を取り入れて服用することもあります。

 

さらに食事や生活習慣に気をつけることも大切です。

 

よく噛んで食べること、脂っこい食べ物や辛くて刺激の強い食べ物は控えること、お腹が満腹になるまで食べすぎないこと、お酒を飲みすぎないこと。

 

ストレスをため込みすぎないこと、趣味や軽い運動といったようなストレスを発散できる機会をつくること、しっかりと睡眠をとること。

 

冷えもよくありません。

 

普段ほとんどシャワーばかりの人はお風呂につかるようにしたり、使い捨てカイロを使ってみたり、温かい飲み物や食べ物をとるようにしたり、あまり神経質に考えすぎるのもよくないので、できる範囲で血の巡りをよくするように心がけましょう。

 

医療機関で処方してもらった薬による治療やいろいろと制限してセルフケアを続けていても、残念ながらそれでもなかなか変化がみられないような場合はお医者さんから、1度鍼やお灸でも受けてみたらどうかな?と、おすすめされて来院される患者様も少なくありません。

 

実際に胃腸の不調に対して鍼やお灸を行うこともありますし、施術による効果を実感されている方もたくさんおられますので、機能性ディスペプシアお悩みの方は方法の1つとして鍼灸を取り入れてみられるのもよいかもしれませんよ。

 

いくつかある胃に関係しているツボをメインに、鍼とお灸を使って優しい刺激でアプローチします。

 

身体的なつらい症状を改善に導くだけでなく、鍼灸にはリラクゼーション作用もありますので精神的な面からも効果が期待できます。

 

≫胃を元気に、身体に優しい鍼灸で

 

大阪北摂の箕面・豊中・池田エリアで現在機能性ディスペプシアでお悩みの方、しつこく続いている胃の痛みや不快感、げっぷ、吐き気でお困りの方、検査を受けても特に異常はないと診断を受けた方は、箕面市牧落にある齊木鍼灸整骨院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

≫齊木鍼灸整骨院のホームページはこちら

 

落ち着いた雰囲気のプライベート空間でゆったりと。

 

心と身体に優しい東洋医学を通して、お1人お1人のお悩みに寄り添った親切・丁寧な施術でサポートさせていただきます。

 

症状や施術に関すること、わからないことや不安に思われることがございましたら、どのようなことでも気兼ねなくご相談くださいませ。

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE@からもどうぞ。

 

 

友だち追加

胃を元気に、身体に優しい鍼灸で

JUGEMテーマ:胃の健康

 

胃がむかむかしたり、きりきり痛んだり、吐き気がしたり。

 

そんなに食べすぎたわけでもないのに胃がもたれている。

 

以前に比べると食欲が減ってきた、すぐお腹いっぱいになる。

 

お腹にガスがたまっているような、張っている感じがする。

 

違和感が続くので病院で検査をしてみてもらっても異常はないと言われた。

 

接待や会食が多くて胃が休まる暇があまりない、つねに重たい。

 

仕事や人間関係、就職や引っ越し、結婚、出産といった環境の変化、気候の寒暖差、不規則な生活習慣、暴飲暴食、喫煙、いろいろなストレスが影響して、特に日本人は胃に何らかの不調を、上記のような症状を感じている人が多いと言われています。

 

おかしいなとは思いながらもいつも何となく胃がすっきりとしないまま、当たり前のことのように毎日を過ごしている方、結構多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

いつものことだし、しばらくしたらおさまるし、と。

 

中には胃の手術後なかなか調子が戻らず、よくなる気配のない不快感にお悩みの方もおられるかと思います。

 

そんな胃の不調を少しでも楽にするために、快適な毎日を送ることができるように、自分でもできることからはじめてみましょう。

 

胃を元気にするセルフケアの基本としてまず、可能な範囲で生活習慣を見直すこと、お酒の量を減らして脂っこい食事は控えること、ニコチンもよくないと言われていますので、胃以外にも健康のことを考えるときっぱり禁煙できれば理想的です。

 

寒暖の差に影響を受けやすい方、寒冷ストレスに弱い方は使い捨てカイロや腹巻きを使ったり、外出時は簡単にはおることができるカーディガンやストールを1枚持つようにしたり、温かい食べ物や飲み物をとるように心がけたり、お風呂につかるようにしたり、軽い運動をはじめてみたり、身体を温めること、冷やさないようにすることが大切です。

 

苦手じゃない方は身体に優しい鍼灸も、よいかもしれませんよ。

 

お腹や腰、背中、手、足にある胃のトラブル対策に効果ができるツボをメインに、鍼やお灸を使ってアプローチします。

 

鍼と使うかお灸で温めるか、刺激の強弱は症状やご希望に合わせて。

 

たとえば足にある有名なツボ、足三里に鍼やお灸によって刺激を与えることで、実際に胃の動きが活性化されることが実験結果として報告されています。

 

また胃炎や食欲不振、消化不良、胃酸過多、胃潰瘍といった症状に対して、WHO(世界保健機関)によって鍼灸の有効性が認められています。

 

≫鍼灸の有効性についてはこちら

 

飲みに行った翌日、胃のケアに鍼やお灸を取り入れておられる方も。

 

結構違うみたいですよ、残り具合やその後の調子が。

 

齊木鍼灸整骨院では鍼灸で、さまざまな胃のトラブルに対してもしっかりサポートさせていただきます。

 

北摂箕面・豊中・池田方面でそろそろ身体のメンテナンスはじめてみようかなとお考えの方、胃の不調でお悩みの方は大阪北摂の箕面市にある齊木鍼灸整骨院まで、お気軽にお問い合わせください。

 

鍼灸はちょっと・・・な方へは鍼やお灸は使わずに施術することもできますので、どのようなことでも気兼ねなくご相談くださいね。

 

≫北摂箕面にある齊木鍼灸整骨院についてはこちら

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE@からもどうぞ。

 

 

友だち追加

腸活に鍼灸と骨盤矯正、便秘でお困りの方へ

JUGEMテーマ:便秘対策には?

 

便秘になると、腸内の悪玉菌が増えたり、骨盤内の血行不良によって全身の血の巡りが滞ったり、自律神経の働きが乱れることによって、肌が荒れたり、吹き出物ができたり、イライラしたり、肩こりや腰痛、生理不順、冷え、むくみ、倦怠感、食欲不振、痔、といったようなさまざまな身体の不調を引き起こすことがあります。

 

仕事は基本的にデスクワーク。

 

運動する習慣がない。

 

水分をあまりとらない。

 

ストレスを感じることが多い。

 

リラックスできる機会があまりない。

 

朝トイレに行く時間がない。

 

外出先ではできるだけトイレに行くのを我慢する。

 

身体をあまり動かさない、腸の働きが弱くなることで起こる弛緩性の便秘、ストレスによる、自律神経のバランスが乱れることで起こる痙攣性の便秘、トイレを我慢することが多く、直腸の神経が鈍くなり、便意を感じにくくなって起こる直腸性の便秘、野菜をあまり食べない、肉ばかり食べる、偏った食生活によって起こる食事性の便秘、いろいろなタイプの便秘があります。

 

身体の構造やホルモンバランスの関係、トイレに行くのを我慢することが多い傾向にあることから、特に女性に、2人に1人は便秘であると言われています。

 

まずは生活習慣や食生活を見直すことが大切です。

 

外出先や職場でどうしてもトイレに行くことに抵抗がある方は、少し時間にゆとりをもって起きるようにして朝、トイレに行く習慣をつけるように、排便のリズムを整えるように心がけましょう。

 

みそや納豆、漬物、ヨーグルト、穀物、根菜、果物のような食べ物は、お通じによいと言われています。

 

トイレが近くなるので控えがちになりますが、適度な水分摂取も。

 

軽い運動をはじめてみたり、頻繁に便秘薬、下剤を使っている方は、場合によっては少し頻度を減らしてみるのもよいかもしれません。

 

できるだけ薬に頼らず自然に、とお考えの方は便秘改善を目指して鍼灸や整体、はじめられてみてはいかがでしょうか?

 

骨盤のバランスを整えて、滞りをなくして骨盤内の血行を促進。

 

鍼やお灸でツボをやんわりと刺激して、温めて全身の血の巡りを良好に。

 

お腹も優しくほぐすことで、腸の働きを正常に。

 

腸内環境を整えて便秘を改善、予防するために、心身ともにリラックスできる時間をつくるのも大事なことです。

 

便秘でお困りの方は、当院でよろしければお気軽にご相談ください。

 

落ち着いた雰囲気のプライベート空間でゆったりと、心地よく施術を受けていただけるかと思います。

 

≫齊木鍼灸整骨院のホームページはこちら

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE@からもどうぞ。

 

 

友だち追加
1