機能性ディスペプシアに対する鍼灸について

JUGEMテーマ:胃の健康

 

慢性的な胃の痛みや胃のもたれ。

 

食事をしていてもすぐにお腹がいっぱいに感じて十分に食べることができなかったり、食事に関係なく心窩部、みぞおちのあたりが痛んだり、灼熱感があったり。

 

これらのような不調が続いているのにも関わらず、医療機関で内視鏡検査を受けてお医者さんに診察してもらってもこれといって異常がなく、ピロリ菌の検査や血液検査、お腹のCT検査をしても胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍のような病気も見つからないような場合に機能性ディスペプシアと診断を受けるようになりました。

 

FDや機能性胃腸症とも呼ばれています。

 

機能性ディスペプシアという病気の概念が確立されるまでは、ほとんどの方が慢性胃炎や神経性胃炎と診断されることが多かったようです。

 

ですが、胃に炎症が起こっていなくても症状があったり、反対に胃に炎症が起こっていても症状がなかったり、必ずしも胃の炎症が関係しているとは限らないということが明らかになってきました。

 

胃や十二指腸の機能が低下したり、胃の形態が変形していたり、精神的なストレスや不眠、過度の飲酒や喫煙といった生活習慣の乱れが機能性ディスペプシアを引き起こす原因として考えられています。

 

遺伝的な要因があったり、過去に感染性の胃腸炎にかかったことがある人は機能性ディスペプシアになりやすいとも言われています。

 

機能性ディスペプシアの代表的な改善方法は薬剤を用いた治療になります。

 

胃の運動機能を改善する薬や胃酸の分泌を抑制する薬を主に、状況によっては抗不安薬や抗うつ薬、漢方薬を取り入れて服用することもあります。

 

さらに食事や生活習慣に気をつけることも大切です。

 

よく噛んで食べること、脂っこい食べ物や辛くて刺激の強い食べ物は控えること、お腹が満腹になるまで食べすぎないこと、お酒を飲みすぎないこと。

 

ストレスをため込みすぎないこと、趣味や軽い運動といったようなストレスを発散できる機会をつくること、しっかりと睡眠をとること。

 

冷えもよくありません。

 

普段ほとんどシャワーばかりの人はお風呂につかるようにしたり、使い捨てカイロを使ってみたり、温かい飲み物や食べ物をとるようにしたり、あまり神経質に考えすぎるのもよくないので、できる範囲で血の巡りをよくするように心がけましょう。

 

医療機関で処方してもらった薬による治療やいろいろと制限してセルフケアを続けていても、残念ながらそれでもなかなか変化がみられないような場合はお医者さんから、1度鍼やお灸でも受けてみたらどうかな?と、おすすめされて来院される患者様も少なくありません。

 

実際に胃腸の不調に対して鍼やお灸を行うこともありますし、施術による効果を実感されている方もたくさんおられますので、機能性ディスペプシアお悩みの方は方法の1つとして鍼灸を取り入れてみられるのもよいかもしれませんよ。

 

いくつかある胃に関係しているツボをメインに、鍼とお灸を使って優しい刺激でアプローチします。

 

身体的なつらい症状を改善に導くだけでなく、鍼灸にはリラクゼーション作用もありますので精神的な面からも効果が期待できます。

 

≫胃を元気に、身体に優しい鍼灸で

 

大阪北摂の箕面・豊中・池田エリアで現在機能性ディスペプシアでお悩みの方、しつこく続いている胃の痛みや不快感、げっぷ、吐き気でお困りの方、検査を受けても特に異常はないと診断を受けた方は、箕面市牧落にある齊木鍼灸整骨院まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

≫齊木鍼灸整骨院のホームページはこちら

 

落ち着いた雰囲気のプライベート空間でゆったりと。

 

心と身体に優しい東洋医学を通して、お1人お1人のお悩みに寄り添った親切・丁寧な施術でサポートさせていただきます。

 

症状や施術に関すること、わからないことや不安に思われることがございましたら、どのようなことでも気兼ねなくご相談くださいませ。

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE@からもどうぞ。

 

 

友だち追加