齊木鍼灸整骨院が特に注力して取り組んでいる施術と症状編

JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

 

鍼灸や整体を続けていきたいんだけど、どれくらいのペースで通うのがいいのかな?

 

今までもブログで何度か、ホームページや口頭でもお知らせしているのですが、ご質問いただく機会が多いので、齊木鍼灸整骨院が特に注力して取り組んでいる施術と症状編、と題して、理想的な通院サイクルについてご説明いたします。

 

なぜ、そのようになったのか不思議で仕方ありませんが、齊木鍼灸整骨院みたいなところを選んで行ってみようと決心された方は、よろしければご参考にしてくださいませ。

 

施術は、美容鍼灸と産後骨盤矯正の2つ。

 

症状は、自律神経失調症、円形脱毛症、突発性難聴、PMS、不妊、肩こり、頭痛、腰痛の8つ。

 

できるだけ簡潔に、ちょっとだけ詳しく、順番にご案内したいと思います。

 

まず、はじめに。

 

齊木鍼灸整骨院では、初回から5回目くらいまでは、それぞれ1週間以上間隔をあけずに受けていただくこと、を推奨しています。

 

これは、すべてにおいて基本となります。

 

ですので、今回は省略して、施術や症状別に当てはまることだけを書いていきます、のつもりですが、同じような文言が重複しすぎて非常に読みにくいところもあるかもしれません。

 

ただでさえ、なのに。

 

そんな時は・・・ストレスになってしまうと何のこっちゃわかりませんので、ぜひ、読むのはここでやめましょう。

 

1番目は、美容鍼灸です。

 

友だちと会う前に、結婚式があるので、いついつまでに、と予定日が決まっていて、さらに短期間で効果をお求めの時は、できるだけ回数を増やして受けてください。

 

お急ぎでなければ、まずは基本のペースで。

 

たるみやむくみ、くすみ、肌荒れといった症状がひどいと感じられる方は、施術開始から1、2か月間は、1週間から10日に2回の頻度で、ある程度お顔の筋肉やお肌の土台づくりをしてから、徐々に間隔をあけていくようにしましょう。

 

ほうれい線や目の下のクマ、ターンオーバーの乱れ、肌質は、施術後すぐに消えたり、整ったり、変わったりすることはありません。

 

パックや日焼け対策をするように、筋トレやストレッチをするように、カットやトリートメントをするように、オイル交換やオーバーホールをするように。

 

改善を目指すためには、グッドコンディションを維持するためには、定期的なメンテナンスが必須となります。

 

2番目は、産後骨盤矯正です。

 

出産後そんなに期間が経過していない方は、基本のペースで。

 

出産してから半年以上たっている方、1人目や2人目の時は骨盤矯正も何にも受けたことがなかった方、腰痛、股関節や恥骨の痛み、尿もれ、体型変化といった症状が著しい方は、施術開始から1か月間は、1週間から10日に2回の頻度で、極力間隔をあけすぎないように意識して続けましょう。

 

2か月目からは改善度に合わせて、10日に1回、2週間に1回、1か月に1回、と移行していくとよいと思います。

 

齊木鍼灸整骨院の場合は、2か月前後、トータル10回程度を目安に通っていただいていますが、短期間の矯正だけで不調が完治したり、骨盤を正常な位置で安定させることは困難です。

 

加えてお伝えさせていただいているセルフケア、骨盤体操やストレッチは、施術終了後もやめてしまわずに継続されることをおすすめしています。

 

3番目は、自律神経失調症です。

 

重症、軽症と客観的に判断するのは難しい面もあるのですが、基準を設けるとするならば、たとえば、つらいながらも休まず仕事や学校に行ける、何日間も寝込んだりせず毎日家事や育児はこなせる、といった方は、基本のペースから。

 

そうじゃない方、現在休職もしくは休学している、思うように身体が動かず寝込んで何もできない日がある、といった方は、施術開始からわずかでもよい兆候があらわれるまでは、通院すること自体が可能であれば、1週間から10日に2回の頻度で、無理のない範囲で、間隔をあけすぎないように続けてみてください。

 

気分や体調の浮き沈みは、自律神経失調症に当てはまらなくても、誰にでも起こることです。

 

施術の方法や回数は、心と身体のリズムに合わせながら、調整していくとよいでしょう。

 

病院に通っていても問題ありませんし、服用している薬をやめるように強制することもありません。

 

治療に行く、ではなくて、してもらうと気持ちがいいから、何となくリラックスできるから、その日の晩はぐっすり眠れるから、みたいな感覚でご来院ください。

 

4番目は、円形脱毛症です。

 

症状のことだけを考えて、可能であるならば、うぶ毛が生えはじめるまでは、基本のペースで。

 

もっと理想的なことを言いますと、1週間から10日に2回の頻度で継続、が望ましいです。

 

患者様ほぼ全員が、薬を塗ったり飲んだりしていても変化がなくて、病院で治療を受けていても治らなくて、来院されます。

 

医療機関への通院は、やめることはありません。

 

むしろ、同時並行的に鍼や整体を取り入れられる方が、よい結果につながっているように感じます。

 

正直なところ、たまにの数回だけの施術で、脱毛斑がどこにあるのかわからなくなるくらいにびっしりと、は難しいと思います。

 

まずはうぶ毛を目標に、間隔をあけすぎないように続けること、が必要になります。

 

5番目は、突発性難聴です。

 

いったん整骨院や鍼灸院の存在は忘れていただいて、早急に医療機関へ、を最優先でお願いします。

 

発症直後に来院される方は少ないです。

 

中には病院で治療を受けながら、といった患者様もおられますが、後遺症が残った方が最終的に鍼灸や整体に行き着いて、がメインとなっています。

 

残念ながら、後遺症が完全に消失、はかなり難しいのですが、軽症だと、ほとんど気にならないくらいにまで改善することもありますし、重症でも、激しい耳鳴りが落ち着いたり、体調によってまったく聞こえなくなる日も、といった頻度が大幅に減ることもあります。

 

絶対に治らないことはない、と考えています。

 

基本のペースからはじめて、出現する症状の変化に合わせながら、10日に1回、2週間に1回、と移行しつつ、定期的に続けてみてください。

 

6番目は、PMSです。

 

生理前だけでなく、生理後も含みます。

 

外出できるようであれば、基本のペースからはじめましょう。

 

生理前後にならないと判断できませんが、身体的にも精神的にも、普段より少し楽になってるかも、と感じられる瞬間がちょこちょこと増えてくれば、10日に1回、2週間に1回、と間隔をあけていくとよいと思います。

 

クリニックに通いながらでも構いませんし、低用量ピルや漢方薬を服用しながらでも問題ありません。

 

年齢的に30代は特に、と言われたりしますが、ライフステージによって、症状はさまざまです。

 

PMSと上手に付き合っていく、このスタンスで、焦らずに、すぐに諦めずに、継続してみてください。

 

最終的には、1か月に1回のメンテナンスだけで体調をコントロールできるように、を目指します。

 

7番目は、不妊です。

 

女性不妊だけでなく、男性不妊も同様に、基本のペースからはじめましょう。

 

医療機関に通いながらがほとんどですが、なるべく自然に・・・、人工的な治療は避けたくて・・・、と途中からは鍼灸や整体だけに集中して受けられる方もいらっしゃいます。

 

不妊治療は2年を目安に、と一般的にされていますが、たとえば中には、半年やってみて無理なら・・・、1年はがんばって・・・、と期間を限定して取り組んでいる患者様もおられます。

 

特に設定期間が比較的短い場合は、理想的には1週間に1回をキープしながら、継続されることをおすすめしています。

 

極論かもしれませんが、冷たい言い方かもしれませんが、妊娠するか、妊娠しないか、なので、通院頻度の移行のタイミングを決めることは困難です。

 

大丈夫ですよ、って力強いエールを送れたらいいのですが、送りたいのですが、こればっかりはやってみないとわかりません。

 

明確なゴールが見えないうえに、何が正解なのかはっきりしていないので、時には心が折れてしまいそうになることもあると思いますが、できるだけ間隔をあけすぎないように続けてみてください。

 

元気な赤ちゃんを迎え入れられるように、すばらしい日が訪れるように、頼ってくださる限りは、とことんサポートさせていただいております。

 

8番目は、肩こりです。

 

基本のペースで、はじめてみてください。

 

肩こりとは何十年の付き合いと超慢性化していたり、気分が悪かったり、手指がしびれていたり、握力が低下していたり、ひどいような場合は、目指すところにもよりますが、1週間から10日に2回、をおすすめします。

 

ガチガチ、ゴリゴリの方は特に、最初の頃は、施術後1日か2日くらいでもとに戻ってしまいます。

 

施術開始初期の段階から、毎回1週間以上あいてしまうと、なかなかほぐれず、思うように先に進まないことが多い傾向にあります。

 

肩こりをそこまで意識せずに過ごせる日がだんだん増えてきたら、随伴症状がある程度落ち着いてきたら、10日に1回、2週間に1回、と移行していくとよいでしょう。

 

いつもよりはちょっとこってるかな、でしたら、対症療法的な感じで、その時だけ受けられるのもありかと思います。

 

9番目は、頭痛です。

 

基本のペースから、なのですが、緊張型頭痛も片頭痛も群発頭痛も、ぞれぞれ症状が出てからではなくて、その前に、受けられることをおすすめします。

 

あくまでも個人的な見解ですが、ガンガン、ズキンズキンと頭痛があらわれている最中に施術を行うと、かえって痛みが増強する可能性があると言いますか、率直に、一時的に悪化してしまうことが多いように思うからです。

 

頭痛が起こってからでは、薬を飲んでも効かない、と同じような感じで。

 

ですので、頭痛が出てない時に、日常生活に支障をきたすほどの激しい発作が起こらないようにするために、予防の意識、で継続してみてください。

 

頭痛の回数が減ってきたと判断できればわかりやすいのですが、目安としては、頚や肩まわりの筋肉の緊張が和らいできたら、10日に1回、2週間に1回、と徐々に移行するとよいでしょう。

 

もともと肩こりがひどい方は特に、最初はあまり間隔をあけすぎないように、です。

 

10番目は、腰痛です。

 

肩こりや頭痛と同様に、筋緊張を緩和するために、基本のペースから。

 

坐骨神経痛をともなっていたり、知覚異常が出ていたり、このままほっておくとぎっくり腰になっていまいそうな予感が・・・、な方は特に、改善の兆しがあらわれるまでは、1週間から10日に2回、で継続されることをおすすめします。

 

とにかく、こり固まった筋肉を柔らかくして、関節への負担を軽減すること、です。

 

痛みの感覚が楽になってきたら、症状が快方に向かいはじめたら、10日に1回、2週間に1回、と少しずつ移行していくとよいでしょう。

 

つねに腰痛がある方でも、悪化を未然に防ぐことを目的として、1か月に2回、もっと言えば1か月に1回、の頻度の定期的なケアで、ある程度のコンディションを保つことができればとても理想的です。

 

極端に慢性化していると、変化があらわれるまでに時間がかかるかもしれませんが、最初は間隔をあけすぎないように続けてみてください。

 

さて皆様、齊木鍼灸整骨院が注力して取り組んでいる施術と症状編、いかがでしたか?

 

結果、似たり寄ったりの内容の、むちゃくちゃ長い、文字だらけのブログになってしまいました。

 

最後まで読まれた方は極めてゼロに近いと思いますが、いつかきっと、誰かのお役に立つはず、とちっちゃい脳みそに暗示をかけながら書いてみました。

 

こんなのもありますので、何かの拍子にその気になられましたら、差し支えなければご覧ください。

 

≫人に優しい東洋医学で、自律神経とお肌と骨盤を整える

 

美容鍼灸から腰痛まで、1番から10番にまとめた中で、途中でもちょこっと書きましたが、と思いますが、通院ペースの基準は、患者様が目標として設定されているゴール地点や、ライフスタイル、ご予算によっては、参考にならない部分もあります。

 

より優れた効果を求めるのならば、時間や費用はかかって当然のこと、なのかもしれませんが、極めて理想的なご提案です。

 

必ず守らなければならない、ではありません。

 

症状や体質の改善を目指すなら、だけを考えて記述しています。

 

結局、目が疲れただけで、知りたいことがよくわかりませんでした、といった方は、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に、LINE公式アカウントからも、ポチッとどうぞ。

 

 

友だち追加

スポーツ障害やスポーツ外傷の処置も行っているのですが

JUGEMテーマ:接骨院・整骨院

 

野球肩やテニス肘、オスグッド・シュラッター病、シンスプリント、アキレス腱炎といったような、繰り返しストレスが加わることによって起こる、スポーツ障害。

 

マラソンのトレーニングをしていて踏み込んだと同時に、過度の負荷がかかって太ももやふくらはぎに肉離れが生じた。

 

柔術のスパーリングで組み合った際に、急激な外力が加わって手指を捻挫した。

 

ゴルフのプレー中に、バランスを崩してすべって転んで地面にぶつけて股関節から膝にかけて負傷した。

 

これらのように、原因が明らかな外力、1回の衝撃によって起こる、スポーツ外傷。

 

たとえば、野球肩やテニス肘に対して。

 

肩や肘の関節の痛み、筋肉の緊張や疲労の緩和を目的として、ほぐしたり、ストレッチを行ったり、鍼を用いてアプローチすることもあります。

 

スポーツ障害は、主に非対称の反復動作、オーバーユースによって骨や関節、靭帯、筋肉、腱に、慢性的に不調が続きます。

 

なので、ストレスを蓄積させないこと、が大切になります。

 

コンディショニングと合わせて、身体の使い方や練習の頻度、を見直すことも必要になるかと思います。

 

部位が異なるだけで、オスグッド・シュラッター病やシンスプリント、アキレス腱炎も同じく、です。

 

他には、挫傷と言ったりもしますが、肉離れに対して。

 

痛めた直後、数日間熱が続いたり、パンパンに腫れて内出血で色が変わったり、ひどいと見た目ではっきりわかるくらいに、べこーんと患部がへっこんでしまっていることもあります。

 

こんな時は基本的に、入念にほぐしたり、何度もストレッチを行ったり、直接ブスブス鍼を刺したりしてはいけません。

 

スポーツ外傷は、状態にもよりますが、痛めてすぐはアイシングや圧迫をしてなるべく安静に。

 

そして、炎症がある程度落ち着いてから施術を行う、といった流れが基本となります。

 

受傷後の対処が遅れたり、ケアが不十分だったりすると、改善するまでに通常よりも時間を要することが多いです。

 

悪化したり、治る前に再発したり、完治せずに後遺症が残ってしまうこともあります。

 

症状は違いますが、捻挫や打撲も同様に、です。

 

包帯やテーピングで固定したり、鍼灸や整体でメンテナンスしたり、上記のようなスポーツ障害やスポーツ外傷と呼ばれるけがの処置、のご依頼にも対応させていただいております。

 

なのですが、齊木鍼灸整骨院では健康保険を使った施術を行っていません。

 

さらに、エレベーターなし、3階までは階段です。

 

ビルの敷地内に専用駐輪場はありますが、近隣に提携しているコインパーキングはありますが、専用駐車場はありません。

 

阪急バスの箕面高校前からは徒歩約1分ですが、阪急電鉄の牧落駅からは徒歩約8分、足や腰を痛めていると、間違いなくそれ以上かかります。

 

雨の日なんて・・・。

 

けがをしている方には特に、まったく優しくない環境だらけです。

 

それなのになぜか時々、悪条件しか思いつかないような不便な齊木鍼灸整骨院へ、わざわざご来院くださる患者様もおられます。

 

もちろん、しっかりとことんサポートさせていただきますが、もしも、歩くのもままならないような場合は、まずは通いやすいところへ行ってください。

 

けっして、来るなと言っているわけではないですよ。

 

患部への余計な負担は極力避けるのがベストですし、負傷原因がはっきりしていて急性期ならば、仕事中や交通事故でなければ、取り扱いをしている接骨院や整骨院であれば、ややこしい手続きなしで健康保険を使用して処置を受けることが可能だからです。

 

個人的には、きちんと検査が受けられる病院、整形外科へ行かれることをおすすめしますが、どちらにせよ、身体面だけでなく、費用面でも負担が少なくて済む、といった意味から、まずは通いやすいところ、を推奨しています。

 

と、今回は、齊木鍼灸整骨院ではスポーツ障害やスポーツ外傷の処置も行っています・・・が、のお話でした。

 

手当たり次第、いろいろな症状に対してさまざまな施術を行ってはいるのですが、やっぱり患者様にとって、不利益にならないこと、無理なく通院できること、が回復への近道ですので、ちょこっとお伝えさせていただきました。

 

万が一、それでも齊木鍼灸整骨院みたいな、通いにくいところ、にご興味をお持ちの方がおられましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

≫開院以来ずっと存在感ゼロ、の齊木鍼灸整骨院

 

ご相談だけでも、遠慮なくどうぞ。

 

 

友だち追加

抵抗しすぎないエイジングケア

JUGEMテーマ:美容

 

自然な美しさを手に入れるために。

 

本来備わっている治る力を呼び覚ます。

 

不自然なハリ、ぎこちない表情、異次元の白さ、はちょっと・・・な方へ、美容鍼灸と小顔整体をご提案。

 

齊木鍼灸整骨院では、抵抗しすぎないエイジングケア、を推奨しております。

 

土台を大きく崩すことなく、肌質や骨格、加齢に寄り添いながらアプローチできる、これが鍼灸や整体の優れている点であると考えています。

 

たしかに、美容外科のような即効性や劇的な変化は得られないかもしれません、得られないと思います。

 

ですが、できるだけ違和感なく、隠してばっかりでもなく、根本的な部分から、をお求めの方にはちょうどいいんじゃないかなと、そんな気がしています。

 

もちろん、比べてどっちがよくてどっちが悪い、ということはありません。

 

整形手術を受けられる方もおられますし、東洋医学だけを選ぶ方もおられますし、定期的に注射をしながら鍼灸や整体も取り入れている方もおられます。

 

目指すところにもよりますが、最終的には好みで決めていただくのがいいと、個人的には考えています。

 

僕なんかの場合は、ほんのり日に焼けて、多少のシミやしわはほとんど丸出し、だけどマスカラと口紅だけはパキッと、みたいな人を見かけると、かっこいいな、と思ったりします。

 

このような仕事に携わっているというのも影響しているかもしれませんが、年齢に無理に逆らわず、足し引きをバランスよく、シンプルでナチュラル、に魅力を感じることが多いです。

 

お前みたいなもんの意見はどうでもいい、まさにそうなのですが、齊木鍼灸整骨院では、こうした思考回路の人間が施術を行っています。

 

もしよろしければ、こんなところで美容鍼やお顔の整体を受けてみたいと思われた方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

≫大阪の箕面で、ゆるりとやってます

 

頼ってくださる限りはとことんサポートさせていただいておりますが、とにかく全部おまかせでもウェルカムでございますが、強引に押し付けるようなことはしていません。

 

安心して、ご利用くださいませ。

 

外科的なリフトアップよりも手技で引き上げてすっきりさせてほしい、直接骨を削るよりも再生周期や歪みを整えてもらいたい、シャイニングパールホワイトよりも健康的な白さがいい。

 

一発大逆転を狙うんじゃなくて、将来に向けて今からこつこつお手入れしていきたいんだよね。

 

美容鍼灸や小顔整体、そんな派のあなたに特におすすめです。

 

 

友だち追加

はじめての鍼灸

JUGEMテーマ:鍼灸・漢方・東洋医学

 

鍼灸って、どうなんだろ?

 

いろいろと試してはみたけれど・・・、だから鍼灸、思い切ってはじめてみようかな。

 

しっかし、はじめて行くところで知らない人間に、いきなりあちこち鍼をブスブス刺されたり、ってのを考えるとなかなか。

 

お灸も、患部に直接もぐさをのっけて、わざとやけどさせて、化膿させてみたいな、昔はそんなやり方だった、って聞いたことあるし・・・。

 

もう一歩、勇気が出ない。

 

鍼灸は、心と身体にとっていいことが本当にたくさんあります。

 

ですが、メリットばかりではありません。

 

デメリットのようなことも、相性が悪いとでも言いますか、どうしても鍼やお灸が合わない方もおられるのも事実としてあります。

 

せっかくチャレンジしてみようと、鍼灸を暮らしの中に取り入れてみようとしてくださっているのに、さらに抵抗感を植え付けてしまうかもしれませんが、できればさまざまな面を知っていただきたいので、今回は余計なことを少しだけご案内させていただこうと思います。

 

毎度のことですが、そないに大した内容ではありませんので、暇つぶしがてらご参考までに、どうぞ。

 

整体やマッサージを受けた後に、もみ返し、が起こる時がありますが、鍼灸でも同じような状態になる場合があります。

 

たとえば、何となく身体全体的にだるくなったり、筋肉痛っぽくなったり、めちゃくちゃ眠くなったり。

 

単純に痛かったり、刺入した部分が、鍼はもう抜いているのだけど、まだ刺さっているような感じがしたり、わずかにズーンと響くような感覚が残ったり、内出血が生じたり。

 

想像してたより熱かったり、発赤したり、お灸をすえたところを、お風呂でゴシゴシこすって洗ったら薄皮がめくれたり。

 

齊木鍼灸整骨院がはじめてだったり、特に今まで1度も鍼灸を受けた経験のない方へは、最初から鍼やお灸をたくさん使ったり、強い刺激を加えるような施術は行いませんが、これらのようなことが起こる可能性があります。

 

いつもに比べて体調が不安定で、症状が重いような時は、急に血流が促されることによって、その反動が大きくあらわれたり。

 

刺激に対して過敏だったり、極端に緊張しやすい方だと、血圧の変動や精神的な影響で、一時的にめまいや吐き気、冷や汗が出て貧血のようになるケースもまれにあります。

 

僕が今まで聞いた中ですと、過去に別のところで鍼灸を受けた後1、2時間起き上がれなかったことがあるのよ、とか、翌日あまりにつらくて寝込んだわ、とお話ししてくださった患者様もおられました。

 

好転反応ですよ、治ろうと身体ががんばっている証拠ですよ、と説明される先生もいらっしゃるようですが・・・。

 

できることなら、わずかでも出ないようにしたいと、しんどくなるのは避けたいと、個人的には考えて施術に取り組んではいるのですが、もみ返しやだるさといった多少の違和感は、たとえ軽くでも直接刺激を与えるわけですから、ある程度は仕方ないとも思っています。

 

≫鍼灸や整体を受ける際に気をつけること

 

と、このようなことばかり言っていると、誰が鍼灸みたいなもん受けんねん、迷ってたけど絶対やめとこ、デメリットすぎるやろ、と明らかに逆効果になりそうですが、もちろん、けっしておすすめしていないわけではないんです。

 

たしかに、あえて言わなくていいことも、知らなくていいこともあるかもしれません。

 

でも、メリットだけじゃなくて、100%ゼロリスクはないということも包み隠さずにお伝えすべきだと。

 

そのうえで、ちょっぴりうさんくさい東洋医学の世界へ、飛び込むかどうかご判断いただければと。

 

これが、大げさな言い方かもしれませんが齊木鍼灸整骨院の方針でして、頼ってくださった方へは僕が本当に考えていることを何でも正直に、やんわりとストレートにお話しさせていただいております。

 

こんなところでも差し支えなければ、こんなところがよろしければ、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

はじめての鍼灸、箕面の隠れ家でゆったりと

 

心地よい施術と空間をご提供できるように、つねに心がけております。

 

どのようなお悩みでも、気兼ねなくご相談くださいませ。

 

あなたの専属パートナーのような存在として、生活の質の向上につながるようなサポートができれば幸いでございます。

 

 

友だち追加

腰痛に対する鍼灸と整体

JUGEMテーマ:肩こり、腰痛

 

デスクワークや力仕事で筋肉の過緊張による腰痛。

 

出産や育児による腰痛。

 

加齢で筋肉量や柔軟性の減少による腰痛。

 

腰椎椎間板ヘルニアや腰椎脊柱管狭窄症による腰痛。

 

スポーツにおけるオーバーユースや疲労の蓄積による腰痛。

 

生活習慣や年齢によって、いろいろなタイプがあるのですが、本当に多いんじゃないでしょうか、腰痛に悩まされている人。

 

こんな職業にも関わらず、恥ずかしながら僕もその中の1人なのですが、ふとした動作でぎっくり腰になった経験のある方も、少なくないと勝手に思っています。

 

腰痛解消を目的として、毎日柔軟体操をしたり、定期的にジムに通ってトレーニングを続けているけど・・・な時は、鍼灸や整体を取り入れてみるのも、ひょっとしたらいいかもしれませんよ。

 

これからはじめてみようかな、と検討中のあなたへ、齊木鍼灸整骨院の施術メニューを簡単にご紹介、です。

 

よろしければご参考にしてください。

 

腰痛に対してアプローチする場合ですと、整骨・整体と鍼灸の2つの施術コースが基本となります。

 

まずは整骨・整体ですが、施術にかかる料金は3,500円、時間は約30分です。

 

筋肉のこりをほぐしたり、ストレッチをしたり、骨盤矯正をしたり、物療機器は用いずに、徒手施術を中心に行っています。

 

整骨院に通ったことのある人はご存じの、とりあえず電気を流したり、ベルトを装着して引っ張ったり、ウォーターベッドに寝転んだり、のような機械は設置していません。

 

そして鍼灸では、施術にかかる料金は5,000円、時間は約40分です。

 

鍼かお灸、もしくは鍼とお灸の両方のみを使います。

 

手でもみほぐすような施術は、鍼灸のコースでは行いません。

 

こり固まっているところに鍼を刺したり、冷えている部位にお灸をすえたり、こんなとこ腰痛に何の関係があんの?なツボに鍼やお灸をしたり、施術方法は症状やご希望によってさまざまです。

 

パルス鍼や鍼通電と呼ばれたりしますが、オプションで鍼に電気を流すこともできます。

 

施術の時間を延長したり、鍼やお灸を増やしたり、整骨・整体と鍼灸のコースを組み合わせて受けていただくことも可能です。

 

整骨・整体も鍼灸も、初回はカウンセリングに約20分と、初検料が別途2,000円かかります。

 

もしも、万が一、ひょんなことからはじめて齊木鍼灸整骨院に行ってみようとなられた方は、ホームページのトップページ下部からご覧いただけますので、もう1つのウェブサイトやポータルサイトに掲載されているお得なクーポン情報を、ぜひチェックしてからお問い合わせくださいませ。

 

≫言われてみれば、隠れ家のような鍼灸整骨院

 

健康保険を利用した施術だともちろんNGなのですが、腰痛対策の一環として、予防のためにちょっとしといてもらうと安心だから、気持ちがよくて身体的疲労の回復だけでなく精神的ストレスの発散にもなるから、も齊木鍼灸整骨院ではウェルカムです。

 

なので、お気軽にご来院くださいね。

 

心身ともにリラックスするって、とっても大切。

 

何となく心地いいプライベート空間で、ゆるりと対応させていただいております。

 

 

友だち追加

必要で重要なこと

JUGEMテーマ:隠れ家サロン

 

癒し、は生活の質の向上に必要で重要なこと。

 

真剣に、そう考えています。

 

だから、齊木鍼灸整骨院はリラクゼーション感覚でのご利用もウェルカムなのです。

 

自律神経失調症も円形脱毛症も突発性難聴も。

 

PMSも不妊も。

 

肩こりも頭痛も腰痛も。

 

メンタルとフィジカルのバランスが不均衡になっちゃうと、いろんな不調を引き起こしてしまうことがあります。

 

思いがけない試練が続いたとしても、経験値がそこそこ高い人なら引き出しを駆使して乗り切れるでしょう。

 

多少ハードな負荷がかかったとしても、若い人なら年齢的に運動能力や筋肉量や勢いでカバーできるでしょう。

 

だけど、どんなストレスも全然平気、なんて人はいません、きっと。

 

巨万の富と地位を築いた超エリートビジネスパーソンでも、百戦錬磨のトップレベルのプロアスリートでも、許容範囲があります。

 

吐き出すことをせず、ただただため込んでいると、ストレスを感知するセンサーに不具合が生じ、機能が狂い、制御不能になり、やがて受け皿となってるタンクがひび割れ、最悪パーンと全部崩れてしまう事態につながりかねません。

 

軽微な傷なら短期間で補修することもできますが、粉々になってしまっては何年もの歳月を要したり、もしかしたら完全修復は望めない可能性も、残念ながらゼロではないかもしれません。

 

毎日気分的にしんどくて、何に対してもネガティブで、つねによくわからない不安感があったり。

 

すぐにけがをしたり、治りが悪かったり、いつもどこか痛くてコンディションが万全な日がなかったり。

 

何に対しても全力で、一生懸命がんばっている人はすてきなのですが、時には肩の力を抜くことも、とっても大事。

 

デスクワークや力作業、家事、育児、介護ばっかりはもちろんですが、ウォーキングやジョギング、ウェイトトレーニングばっかりでも、いつか体調を壊してしまいます。

 

健康のためによかれと思ってやっていることも、ケアをせずに使う一方では、逆効果になる場合も少なくありません。

 

仕事や家庭のことを控えるのは難しいでしょうから、たとえ少しでも自分をいたわる休息タイムをつくるようにしたり、鍛えて負荷を与えるだけでなく、なるべく疲労を蓄積させないように心がけたり、当たり前となっているライフスタイルを見直してみるのもいいかもしれませんよ。

 

リラックス、リフレッシュ、リカバリーできる機会を設ける。

 

わかってはいるけど実践できていない、メンテナンスをするってこと、これこそが心身のために何より大切だったりするんです。

 

優れた結果を求めるのなら、癒し、は必要で重要なことなんです。

 

人生100年時代、明るく、楽しく、ポジティブに日々を送るために。

 

未来の自分に備えて、癒し時間を重視した生活、今からさっそくはじめてみませんか?

 

ちょっぴりどこにあるのかわかりにくい、ちっぽけな鍼灸整骨院ではありますが、鍼灸や整体を通して癒しをご提供できるように、のほほんと営業しています。

 

ほっとひと息ついてもらえたら、幸いでございます。

 

≫これが、齊木鍼灸整骨院です

 

心と身体に優しい東洋医学を暮らしの中に、ぜひ。

 

元気で美しくてかっこいい人って、結局やっぱり何かしてるんですよね。

 

 

友だち追加

頭痛に対する鍼灸と整体

JUGEMテーマ:頭痛

 

頭皮や頚、肩の筋肉の緊張による頭痛。

 

肩こりになると頭痛が起こる、ひどいとめまいや吐き気も、痛み止めの薬は手放せない。

 

こんな時は鍼灸や整体で、こり固まった筋肉を緩めると頭痛がおさまったりします。

 

しかし、頭痛が出てからあれこれ施術を行うと、コンディションや体質によっては、さらに悪化してしまうこともあります。

 

頭痛があらわれてからでは遅い、薬は前兆を感じた時点で飲まないと全然鎮まらない、といった方は、未然に防ぐためにも、鍼灸や整体を取り入れて定期的なメンテナンスを行うことも有効な方法であると思います。

 

頻度が減ったり、症状のレベルを抑制できたりと、ご自身の発作のサイクルと相談しながら、実際にそうやってコントロールされている患者数もいらっしゃいます。

 

薬の量を少なく、できればまったく頼らずに毎日を過ごせるようになりたい、そのようにお考えの方は鍼灸や整体、はじめてみるのもいいかもしれませんよ。

 

たとえば、頚や肩、肩甲骨まわりがこって頭痛がするからほぐしてもらいたい、だけど鍼やお灸は苦手、なあなたは、整骨・整体コースがおすすめ。

 

施術時間は約30分、料金は3,500円です。

 

しっかり時間をかけてみてもらいたい、もっとゆったり受けたい時は、10分1,000円から、施術時間延長で対応させていただいております。

 

次に、整体よりも鍼灸が好み、ほぐすのはいらない、なあなたは、鍼灸コースが最適。

 

鍼だけ、お灸だけ、ももちろんOK。

 

施術時間は約40分、料金は5,000円。

 

こちらも整骨・整体コースと同じく、施術時間を延長できます。

 

鍼灸コースの場合は、約10分1,500円から、部位数によって変動します。

 

そして、とにかく頭中心にお願い、頭皮のこりをどうにかして、なあなたは、頭の整体がばっちし。

 

頭痛のお悩みに加えて、心地よくリラックスしたい、最近ぐっすり寝れてない、薄毛も気になる、そんな方は、ぜひ。

 

頭の整体は、整骨・整体コースに該当しますので、施術時間や料金、オプションについては上記と同じ内容になっています。

 

さらなる効果をお求めの方は、これらのメニューを組み合わせて受けていただくことも可能でございます。

 

最後に、整骨・整体コースと鍼灸コースともに、初回はカウンセリングに約20分、初検料として別途2,000円いただいているのですが、もう1つのウェブサイトやポータルサイトに、とってもお得な情報が掲載されていたりしますので、はじめての方は来院される前にご覧くださいね。

 

≫大阪北摂の地にひっそりとたたずむ隠れ家で

 

ご不明な点がございましたら、お電話やメール、齊木鍼灸整骨院のLINE公式アカウント(@jqm8048f)から、何なりとお気軽にお問い合わせくださいね。

 

頼ってくださる患者様と真摯に向き合いたい、この気持ちを胸に、日々のほほんと営業しています。

 

 

友だち追加

何でも自律神経

JUGEMテーマ:自律神経失調症・ストレス

 

ああ言えばストレスのせいだと、こう言えば自律神経のバランスが崩れているからだと。

 

いわゆる自律神経失調症です、って。

 

何でもかんでもストレスが、自律神経が。

 

原因は老化でしょう、のように。

 

どこも似たような話ばっかり、もうええねん。

 

ほんまにつらいのに、外に出るのもひと苦労やのに、どうにかしたいからがんばって行ってんのに。

 

その時の対応次第では、どことなく適当に流されてるような、言いくるめられてるような、そんなんで来られても、と感じざるを得ない経験をされた方も少なくないかもしれません。

 

たしかに、うんざりしますよね。

 

実は・・・齊木鍼灸整骨院でも同じように、ストレス、自律神経というワードを用いてご説明させていただくことがあります。

 

正直に申し上げますと、またこれやで、はいはい、言われんでもわかってますよオーラをひしひしと感じる場面も、たまにですがございます。

 

言われ方によっては、僕もそう思うに違いありません。

 

なのになぜ、わかってるくせにお伝えしているのかと言いますと、よいも悪いも、どのような症状でもストレスや自律神経による影響力は非常に大きいと、齊木鍼灸整骨院では真剣に考えているからです。

 

だから、患者様が心身ともにリラックスしていただけるように、つねに心がけています。

 

鍼灸でも、整体でも、雰囲気でも、おしゃべりでも、何でもいいんです。

 

どこにあるのかわかりにくい、不便ばかりの鍼灸整骨院にわざわざ来てくださっているわけですから、快方に向かうような何かしらのきっかけをご提供できればと、そのように思いながら日々営業しています。

 

わからないですけど、たぶん、あれこれ調べて、どこにしようか迷って、ここならと期待して、最終的に選んでいただいたんだと思うんです。

 

施術を受けるために何日も前から計画して、お休みを確保して、費用を捻出して、シミュレーションして。

 

そこに費やしてくださった時間、お金、労力、勇気を無駄にしたくないですし、楽になってもらいたいですし、やっぱり齊木鍼灸整骨院にしてよかったって。

 

最悪、あんまり改善しなかったとしても、後悔の念を与えてしまうことだけは何とか避けなきゃならんと、勝手に自分の中でルールみたいなもんを設けて、いつでもお1人お1人に最善の対応ができるように努めています。

 

僕の力不足のせいで、なかなか想定通りにいかないこともありますが、できるだけ近づけるように。

 

要するにですね、けっしてうやむやにするつもりではなく、齊木鍼灸整骨院では本当に自律神経の重要性を感じて施術に取り組んでいることをお伝えするつもりが・・・話が脱線しはじめました、すみません。

 

ここでもう1つ、大きな壁がありまして、それは1回や2回の施術では自律神経の、交感神経と副交感神経の働きの均衡を取り戻すことは難しく、明らかな即効性や持続性が実感できない、といった点です。

 

やはりすぐに結果が出ないとなると、根気がいりますし、金銭面も考慮すると、うーん・・・となりますよね。

 

もちろん、最小限の施術で早期の根本的な解決が理想的です。

 

だけど、残念ながら僕はゴッドハンドではありませんし、一発ですっきり完治するようなツボも知りません。

 

継続は力なりとでも言いますか、通院ペースをキープしつつ、ある程度の回数は必要になりますし、症状や目標とするコンディションによっては、定期的にメンテナンスをした方が効果的な場合もあると考えています。

 

齊木鍼灸整骨院ではこれらのような方針で、自律神経に注力して、鍼灸や整体による施術を行っています。

 

派手なパフォーマンスや大々的な宣伝はしていません。

 

目玉となるようなアピールポイントは特になし、箕面市内でも知名度ほぼゼロの地味な鍼灸整骨院です。

 

万が一、それでも齊木鍼灸整骨院にご興味をお持ちになられた方がおられましたら、ぜひ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

頼ってくださる限りは、とことんお付き合いさせていただくつもりです。

 

ご迷惑じゃなければの話ですが。

 

≫鍼灸と整体を、大阪北摂の隠れ家で

 

時々このようなことを耳にするので、ちょっとだけ。

 

何とか専門とか、何とか協会の代表とか、何とか認定の院とか。

 

これは私にしか治せません、とか。

 

それならと信頼していざ行ってみると、こんな施術で?と、感じながらも、高額な回数券を買っちゃったから・・・、言われた通り続けてるけどだんだん悪化してるのが素人の私でも・・・、なんてお話を聞くことがあります。

 

自分の家族や親しい友人にも同じことすんのかと、何とも言えない、とても心苦しい気持ちにさせられる時もあったりします。

 

全部が全部ではないですが、と願いますが、実際は、集客のために何かにつけて専門と広告してるだけだったり、団体のように経歴に書いてるけど自分1人で名乗っているだけの協会だったり、身内のみで構成されている会のメンバー同士で認定し合っているだけの院だったりすることもあるようです。

 

今後もし、整骨院や鍼灸院、鍼灸整骨院、整体院をお探しになられる予定がございましたら、あくまでもうわさ程度に、ご参考までに。

 

とっくにお気づきの方もたくさんおられるかと思いますが、ホームページの内容だけを鵜吞みにしないように、判断しにくい時は、1度誰かに相談してから決められることをおすすめします。

 

齊木鍼灸整骨院も同様に、です。

 

僕が言うのも変ですが、齊木鍼灸整骨院がすべて100%正しいということはありません。

 

箕面の齊木鍼灸整骨院ブログもしかり、簡単に信じちゃうことのないように、ちょこっとご注意くださいね。

 

考えすぎてどうすべきかわからなくなっちゃった時は、フィーリングでチョイスしてみるのも、案外よかったりするかもしれせんよ。

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

お電話やメール、LINE公式アカウント(@jqm8048f)からもよろしければどうぞ。

 

 

友だち追加

頚椎椎間板ヘルニア、手術後の鍼灸と整体

JUGEMテーマ:ヘルニア

 

酷使や老化によって、頚椎の椎間板の中心にある髄核と呼ばれる部分が飛び出た状態、これが頚椎椎間板ヘルニアです。

 

頚や肩のこり、背中の痛み、上肢のしびれやだるさ、握力の低下、筋肉の萎縮、頭痛、めまい、ふらつき、歩行障害、排泄トラブル。

 

神経根や脊髄が圧迫されることで、いろいろ症状があらわれます。

 

頚椎カラー着用で安静にしたり、頚部を牽引したり、電気を流したり、温めたり、ストレッチ、筋力トレーニング、湿布、塗り薬、ブロック注射といったように、初期の段階では保存的に経過を観察することが一般的です。

 

鍼灸や整体も、その中の1つとして行われることがあります。

 

それでも症状が軽快しなかったり、どんどん悪化して日常生活に著しく支障をきたすような場合に、観血的な方法が選択されることが多いようです。

 

極力メスは入れたくないとおっしゃられる方が大半なのですが、中には少しでも楽になるならとひどくなる前に即手術を選ぶ方もおられます。

 

早期で年齢が若い方が予後がいいとの報告を受けることもあれば、たしかに、してもあまり変化がなかったとか、むしろ悪くなったとか、後遺症のリスクを考えると決断できないとのご意見を耳にすることもあります。

 

判断基準は人によってさまざまですが、外科的な治療の回避を目的とした頚椎椎間板ヘルニアの病状の改善や予防の対策はもちろんのこと、齊木鍼灸整骨院では鍼灸や整体による手術後のサポートも行っております。

 

術式によっては、人工スペーサーを移植して金属プレートで固定することもあります。

 

最近は手術時間や入院期間が短くなってきてはいますが、すぐに完全社会復帰というわけにはいきません。

 

少なからず意識するでしょうし、ある程度は頚部の可動域が制限されるので、患部周辺の筋肉がこり固まってしまうことがほとんどです。

 

期待していたよりも、痛みやしびれが残ることもあるかもしれません。

 

手術をしたから万事OK、ではありません。

 

何もせずにほったらかしにしちゃうと、せっかく時間とお金をかけたのに非常にもったいないことになってしまいます。

 

さらなる回復を目指して、良好なコンディションをキープするために、その後のケアも、とっても重要な作業なのです。

 

齊木鍼灸整骨院ではどんなことをしているのか簡単に申し上げますと、基本的には鍼やお灸を用いたり、整体でほぐすようにアプローチします。

 

筋肉がガチガチに緊張していると関節に余計な負担がかかってしまうので、まずは柔軟性を取り戻すことを目標とします。

 

手技で軽く牽引したり、ストレッチを行うことはありますが、ボキッ、バキッみたいな施術はいたしませんので、ご安心くださいね。

 

頚椎椎間板ヘルニアの進行を防ぎたい、再発しないように何かメンテナンスをはじめたい、とにかく今よりもっと楽になりたい。

 

このようにポジティブにお考えの方がいらっしゃいましたら、齊木鍼灸整骨院みたいなところでもよろしければ、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

大切なお身体を預けていただく限りは、徹底的にフォローさせていただいておりますので、何なりとお申し付けくださればと思います。

 

≫箕面市で、のほほんと営業しています

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

24時間365日、便利なLINE公式アカウント(@jqm8048f)からもどうぞ。

 

 

友だち追加

突発性難聴に対する鍼灸と整体

JUGEMテーマ:難聴

 

現在の医療では、完治が非常に困難とされている突発性難聴。

 

耳鳴りやめまいの症状をともなうことも。

 

ある程度の状態までは機能が回復しても、聴力に何かしらの後遺症が残ったり、適切なタイミングで最善の処置を施したとしても、約3人に1人は治らないとの統計もあります。

 

突発性難聴は何より早期の治療が必須で、開始時期が遅れれば遅れるほど、改善する見込みが減少すると言われています。

 

なのでもし、聞こえにくいな・・・と感じるような時は、できるだけすぐに、まずはお医者さんの診察を受けることをおすすめします。

 

鍼灸や整体は、その次です。

 

つい最近病院に通いはじめた方、突発性難聴と診断されてから数年経過している方にも。

 

絶対にないことはない、と考えている齊木鍼灸整骨院では、急性期のみならず、さまざまな状況の突発性難聴に対して、鍼灸と整体による施術でサポートさせていただいております。

 

この施術に関する、対応可能なコースや時間、料金についてのご案内です。

 

施術コースは、整骨・整体か鍼灸か整骨・整体と鍼灸の両方か、の3つが基本となります。

 

整骨・整体コース。

 

2回目以降、施術にかかる時間は約30分、料金は3,500円です。

 

鍼灸コース。

 

2回目以降、施術にかかる時間は約40分、料金は5,000円です。

 

初回はそれぞれカウンセリングに約20分、初検料が別途2,000円かかります。

 

整骨・整体コースと鍼灸コースの両方を受ける場合は、そのまま合算した時間と料金になります。

 

初回のカウンセリングは約40分となるのですが、初検料は4,000円ではなく、コースをいくつ組み合わせても一律2,000円です。

 

≫はじめての方はぜひ、こちらを

 

他にも、施術時間を延長したり、鍼やお灸を部分的にちょこっとだけ追加したりと、オプションメニューもご用意しております。

 

症状の度合いやご希望、ご予算に合わせてプランを立てることができますので、当院みたいなところでもよろしければ、何なりと気兼ねなくご相談くださればと思います。

 

ちゃんと国家資格は持っているけど全然先生には見えない人間がのほほんと働いている、ビルの一室で人知れずひっそりと構えている、心身ともにリラックスできる施術と空間をとても大切にしている、そんな整骨院や鍼灸院っぽくない雰囲気の鍼灸整骨院です。

 

≫これが齊木鍼灸整骨院です

 

お悩み相談、ご質問、ご予約に。

 

お電話やメール、LINE公式アカウント(@jqm8048f)からも、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

 

友だち追加